2013/3/10 up

大人の英文法−012  現在進行形  

 

現在進行形(正確に言えば進行相の現在時制)を使う話し手の視点は,

言うまでもなく「現在」という時間軸上の1点に向いています。

(a)  I eat sushi. (私は寿司を食べる) 〈現在形〉

(b)  I am eating shshi. (私は寿司を食べている) 〈現在進行形〉

(a)の下線部が「現在を含む幅のある時間」を指すのに対して,(b)の下線部は

「現在という1点」を指しています。このような例ならわかりやすいのですが,

現在進行形を使うべきところで,誤って現在形を使う」というミスが,上級者

にもよく見られます。その理由はただ1つ。

動作動詞の現在形を,〈現在の状態〉の意味で使ってしまう」ことです。

動作動詞の現在形が表すのは「習慣」です。

この種の誤りの1つを「アトラス総合英語」では次のように説明しています。

(c) That building blocks the view of the ocean.

    (あのビルが海の眺めを妨げている)

(d) That truck is blocking [×blocks] the traffic.

    (あのトラックが交通を妨げている)

(c)は「あのビルはいつも[習慣的に]海の眺めを邪魔している」という意味だから,

現在形が使えます。(d)は一時的な出来事なので,現在進行形を使います。

現在形を使うと「あのトラックはいつも交通を妨げる」という意味になります。

blockは動作動詞であり,動作動詞の現在形は「現在の状態」を表すことができない

という点がポイントです。(d)と同様の誤りの例をいくつか示しておきます。

(e) He is staying [×stays] in New York on business.

    (彼は仕事でニューヨークに滞在している)

*現在形だと「彼はいつもニューヨークに滞在する」の意味。

(f) I can't understand what you are saying [×say].

    (あなたの言うことが理解できない)

*現在形だと「あなたの言うことはいつも理解できない」の意味。

(g) She is wearing [×wears] a red skirt.

    (彼女は赤いスカートをはいている)

*現在形だと「彼女は習慣的に赤いスカートをはく」の意味。

(h) My son is suffering [×suffers] from the flu.

    (息子はインフルエンザにかかっている)

*現在形だと「息子はインフルエンザにかかる性質だ」の意味。


現在進行形は,「今その動作をしている」という場合でなくても使えます。

(i-1) Naoko is writing poems. (ナオコは詩を書いている)

この文は,たとえばナオコが文芸コンクールに応募しようとして,現在詩作に

取り組んでいるという場合に使うことができます。話し手がこの文を口に出して

いる時点で,ナオコが料理をしていたり寝ていたりしてもかまいません。

(i-2) Naoko writes poems. (ナオコは詩人だ[詩を書くのが趣味だ])

現在形は習慣を表すので,この文は「ナオコは習慣的に詩を書く」という意味です。

現在形と現在進行形の両方が使える場合,どちらを使うかは話し手がその事実を

どうとらえているかによって決まります。

(j-1) He works part-time at a bookstore. 

(j-2) He is working part-time at a bookstore.

(j-1)の話し手は,「彼は習慣として本屋でアルバイトをしている = 彼の仕事は

本屋のアルバイトだ」と言っています。

一方(j-2)の話し手は,work を現時点での一時的な行為としてとらえており,

「彼は今は(たまたま)本屋でアルバイトをしている(将来は別の仕事につくかも

しれない」と言っています。

比ゆ的に言うなら,現在形を使った(j-1)は絵画的な表現(事実を描写している)で

あり,現在進行形を使った(h-2)は映像的な表現(ビデオで彼の行動を追いかけて

いる感じ)です。

 

「大人の英文法」のトップへ