大人の英文法-139

ネイティブへの質問メモ(1)

 

 

※Aはアメリカ人,Bはイギリス人(SKYWARDのインフォーマント)。  

●どちら[どれ]を使うか?

(1) We had ( heavy / a heavy ) rain yesterday.

回答(B):heavy。rainは不可算名詞だから。

※Netspeakで「had * heavy rain」を検索すると,aが1,100件,無冠詞が2,000件。

(2) A new shopping mall ( opens / will open ) at the beginning of next month.

回答(A・B):will open。at以下が特定の日付ならopensも使える。

(3) “Are you free tomorrow?” “No, ( I'm / I'll be ) busy.”

回答(B):I'm。I'll beだと(今決めた)decisionのように響く。(これは予想が外れた)

(4) They looked alike ( except / except for ) the ( color / colors ) of their eyes.

回答(B):except for,color。colorはone subjectだから単数にする。

(5) He cut his finger ( with / on ) a knife by mistake.

回答(B):withを使う(intentionallyではなくても)。

onは,たとえばまな板の上に歯を上にして立てて置いてあるナイフに手が触れて切れたような場合なら使える。

(6) Tom ( doesn't answer / isn't answering ) the phone. He must be out.

回答(B):isn't answering。現在形だと習慣を表すことになる。

(7) I'm going on a trip to Kyushu with my family this weekend. ( We'll / We're going to ) visit Nagasaki and Kumamoto.

回答(B): We're going to。相手にとって意外なことを言うならwe'llを使えるが,この状況はnot surprisingだからwillは不自然。

(8) We had ( heavy / a heavy ) rain yesterday.

回答(B):heavy。rainは不可算名詞だから。(Netspeakで「had * heavy rain」を検索すると,aが1,100件,無冠詞が2,000件)

(9) (a) ( I'll / I'm going to ) go to the bathroom.

(b) ( I'll / I'm going to ) bring some food. 

回答(B): 状況に応じてどちらも使える。(a)be going toはトイレへ行く動作が既に始まっている感じ。

willはたとえば「授業の後でトイレに行くよ」のようにまだ動作を始めていない。

(b)be going toは未来(たとえば明日のパーティー)の予定に使う。

willnew ideaを表す(「ぼくが食べ物を持って行くよ」のような状況)。

(10) (a) When I ( walked / was walking ) in the park, it suddenly began to rain.

(a)When I ( walked / was walking ) in the park, I took a picture [some pictures].

回答(B): (a)はwas walkingを使う。walkedは変。

(b)はどちらも使えるが,自分にはwas walkingの方が自然に響く。  

(11) Most people use ( a computer / the computer / computers ) at work.

回答(B):1人が(同時に)使うパソコンはふつう1台だから単数形でよいが,複数形(配分複数)も可。

theだと特定のパソコンを表すことになる。総称のtheはふつう主語の位置で使う。

 

●どちらを使うか?(AとBとで回答が分かれたもの)

(1) I wish I had a translator of dog ( @language / Alanguages ).

回答(A):Aを使う。/回答(B):@を使う。

※Bのコメント:現実に犬の言語は1つも知られていないから,複数ありうるという根拠はない。だから自分は単数形を使う。

(2) I prefer Australian beef to ( @American / AAmerican beef ).

回答(A):Aを使う。@は英語的に不自然/回答(B):@の方が自然。同じ名詞の繰り返しは避ける。

(3) A lot of people consider nuclear weapons to be inhumane ( @ones / Aweapons ).

回答(A):Aを使う。/回答(B):どちらかを選ぶなら@を使う(同じ名詞の繰り返しは避ける)。ただし(  )に何も入れないのがベスト。

(4) Americans often start their speech ( by / with ) a joke.

回答(A):byもwithも使う。/回答(B):byは誤り。withが正しい。

(5)All the data is ( in / on ) this DVD.

回答(A):inもonも使う。/回答(B):inは誤り。onが正しい。

(6) I forgot to bring my ( card key / key card ).

回答(A):どちらも使う。/回答(B):key cardが正しい。card keyは和製英語。

(7) We could go to a café if you have ( time / some time ).

回答(A):some timeを使う。/回答(B):timeを使う。

(8)Hold ( a / the ) rope with both hands.

回答(A):aを使う。/回答(B):theを使う。

「大人の英文法」のトップへ