大人の英文法-142

ネイティブチェックメモ(2)

 

 

※赤字は修正案。 Aはアメリカ人,Bはイギリス人(SKYWARDのインフォーマント)。

● He cannot so much as write his own name (→clean up his own room).(A)

コメント:自分の名前が書けない人はまずいない。部屋の掃除ができない人はよくいる。自分のように。

This is a picture of my own painting (→a chair [movie] of my own making). (A)

コメント(A):原文はpicturepaintingが同じことに聞こえる。

コメント(B):原文は「これは私の絵の写真です」と解釈される。

He has no sense of money (→loyalty, hard work dutyなど). (A)

コメント(A):日本語では「彼には金銭感覚がない」と言うが,sense of moneyとは言わない。(Bも同意見)

The unemployment rate (→Sales of the book [product] ) is on the increase.  (A)

コメント(B):元の文がまずいのは,下線部が一般的な失業率を表すように響くから。

したがってThe unemployment rate has been on the increase for the past few years. のような文なら正しい。

What you are saying is beside the mark (→beside the point,wide of the mark). (君の言っていることは的外れだ)  (A・B)

コメント(A・B):beside the markとは言わない。

※Netspeakではbeside the point=360,000,beside the mark=27,000,wide of the mark=110,000件。

●If you don't have an umbrella, you can use this (→this one).  (B)

コメント:「この傘を使っていい」の意味だからoneを加える。

● Himeji is famous for a (→its) beautiful castle.(B)

コメント:aだと城が複数あるように響くので不自然。theはその城のことが既に話題に出ている状況で使う。

●We have some cakes and tea (→tea and cake(s)) ready on the table.(B)

コメント:ただし常に飲み物が先というわけではなく,たとえばcheese and wineとは言う。

● Some Japanese people who study English want to be good speakers of English (→it), while others take pleasure in reading English books, no matter how difficult they are.(B)

コメント:同じ名詞を何度も繰り返すとぎこちなく響く。

● Without the promotional video posted on online video sites, the number of visitors to the town wouldn't have increased so drastically (→dramatically) in such a short time.(B)

コメント:drasticはネガティブな内容に使うことが多い。

I like reading sci-fi (→science-fiction) stories. (A)

コメント:sci-fiはやや古い語で,movie [film] の前に置くのが普通。

● We have (→will have) a school festival at the beginning of next month.(A)

コメント:特定の日付が明示されていればhaveでよい。

● I had lunch just a while (→a few hours) ago.(A)

コメント:a while agoは意味が広すぎる。1日前でもa while agoと言える。

● My grandfather worked at city hall at that time (→in those days).(A)

コメント:at that time はピンポイントで時の1点を表す場合に使う。

● Mat did well in the interview, so he was sure of being employed (→getting the job).(A)

コメント:原文だと誰に雇われるか不明確。

● I lost (→can't find [locate]) my umbrella. I’m looking for it now. 

コメント: 探して見つかるようならlostではない。lostは「永遠に失くした」ように響く。

I have my health examined regularly (→a health checkup regularly). (A)

コメント:元の文は不自然。

Your (→His) report is anything but perfect.

コメント:元の文は相手に失礼。実際に使うことはない。

● I practice English conversation to travel abroad (→to talk to people abroad).(A)

コメント:旅行することは英語を学ぶ直接の理由ではない。

● Do you see the dog eating something (the ice cream cone)?  (A)

コメント:実際に見えているのだから具体物の方がいい。I saw a dog eating something. ならOK。

We wandered around the street (town/village). (A)

コメント:streetはareaではないからaroundは使えない。

● I was wetting (→wet) my bed until I was about ten years old. (B)

コメント:was wettingならmy bedの後ろにevery nightを入れる。

※つまり,反復的行為を表す進行形には副詞(句)の支えが必要だということ。

「大人の英文法」のトップへ